バンクイックは誰にでも貸してくれるの?

バンクイックを利用したいけど自分でも利用できるだろうか?そんな不安を抱く方もいらっしゃるでしょう。カードローンの利用を検討しているということは、大なり小なりお金を必要としている人であるということです。

 

急な出費で一時的に必要だという人もいれば、家計を支えるために長期での利用を考えている人もいるかもしれません。その中には安定した収入がない人もいるでしょう。そんな人にも、バンクイックはお金を貸してくれるのでしょうか?

 

バンクイックは融資に積極的

無職者や未成年者、審査基準を満たしていないなど、あきらかに条件を満たしていない人には融資を行ないません。しかし、条件を満たしている場合には積極的に融資してくれるようです。分かりやすいのが、専業主婦(主夫)や学生への融資が可能なことです。

 

安定した収入がない専業主婦(主夫)に対して融資する金融会社は決して多くなく、消費者金融にいたっては全くといっていいほど対応していません。しかし、バンクイックは配偶者に安定した収入があれば専業主婦(主夫)でも借り入れが可能です。ただし、普通に借り入れるときのように最高限度額500万円まで借りられるわけではありません。専業主婦(主夫)が借りられる限度額は30万円までと定められており、何かあったときに家計を支えられるくらいの金額となっています。

 

学生、それもアルバイトなどをしていない学生でも、親の同意書があれば借り入れることができます。学生でも借りられるとしている多くの金融会社のほとんどは、本人に収入がなければ融資してくれませんが、バンクイックでは親の同意書を提出することで収入がなくても借り入れが可能です。ただし、借りられる金額は10万円までとなっています。少なく感じますが、借りすぎや使いすぎによって借金がこれ以上増えないという面ではメリットといえます。

 

満20歳以上で収入がある場合は、一般の利用者と同じように借りることはできますが、学生であることがバレると親の同意書を求められることもあるようです。学生の本分は勉強であり、借金の返済に時間を充てなくてはならないような状況はできるだけ避けるべきなのです。利用する場合は親とよく相談した上で申し込むようにしましょう。

 

他にも特例の対象者はいるのか?

専業主婦(主夫)や学生はバンクイックを利用できますが、それ以外でも特例として利用が認められているケースはあるのでしょうか?

 

バンクイックの「よくある質問」を見てみると、年金受給者も安定した収入があると見なされるためバンクイックを利用することが可能と書かれています。ただし、年金の受給が始まるのは65歳になってからです。バンクイックが利用できる年齢は65歳までであるため、この年齢が引っかかって利用できる期間は非常に短いかほとんどないため、メリットはほとんどありません

Christopher