バンクイックは借金をまとめるのに向いてる?

他社借入があっても、融資してくれる可能性が高いのであれば、借金の一本化するのにも向いているのでしょうか?バンクイックでは、おまとめローンや借り換えローンといった商品は扱っていません。しかし、扱っていないからといって借金の一本化ができないわけではありませんし、禁止しているわけでもありません。

 

うまく使えば、今抱えている負担を大幅に軽減することが可能です。

 

借金はどこまでまとめられる?

バンクイックの最高融資限度額は500万円となっているので、年収と返済能力が基準を見たしていればここまでまとめることができます。しかし、消費者金融を利用している場合、総量規制があるのでここまでの借金をしていることはあまりないでしょう。

 

また、全ての借金をまとめられないケースもあります。あまりに借入件数が多いと断られるか、あるいはまとめる件数を厳選しなくてはならないこともあります。いずれにせよまとめられる金額はそれぞれの年収と返済能力に左右されます。

 

まとめる前に金利を確認

バンクイックの金利は1.8%~14.6%で設定されており、限度額の範囲によってさらに細分化されています。これらの金利設定と現在借りている金利を比較して、確実に金利を減らせるかを調べなければなりません。ひとつでも高いものがあるとその分損をしてしまうことになるからです。

 

現在利用しているのが消費者金融なら、銀行カードローンであるバンクイックの金利を超えることはあまりないうえに、借金をまとめて限度額が高くなることからさらに金利が低くなる可能性が高くなります。ただ、借りているのが銀行からである場合は、現在の金利のほうが低いということもあるので、必ず比較しておくべきです。

 

無理にまとめるよりそのまま返済してしまったほうが早いことも

残金や金利を見て、そのまま返済した方がスムーズだと思うものがあったら、まとめずに返済を続けたほうが良いかもしれません。

 

負担を増やさないためでもありますが、問題を起こさずに完済できたという実績があったほうがまとめるときに有利になるからです。また、借入件数を事前に減らすことで信用も上がります。

 

使い方は自分にゆだねられているというデメリット

バンクイックはあくまでおまとめができるカードローンであるため、おまとめローンのように返済の代行はされず直接利用者に渡されます。そのお金の使用使途は、自分の好きにできてしまうため余計なことに使ってしまい、結果的に借金が増えるというリスクが存在しています。

 

バンクイックでまとめたら余計な考えが浮かばないうちにすぐに返済、できれば一括返済で完済してしまいましょう。

Christopher