借入件数は意識したほうがいい?

一般的に借入件数が多いと審査には不利だと言われています。借り入れが複数あると管理が難しくなったり、返済に回せるお金が少なくなって延滞が起こったりするなど、問題が増える可能性が高くなるからです。そういう意味でも、借入件数はできるだけ少ないほうが良いのです。

 

しかし、「借り入れが複数あったけどバンクイックで借りられた」という口コミがあるので、実際のところはどうなのだろうと、不思議に思うのも無理はありません。

 

借入件数あり?なし?どっちが有利?

借入件数があると不利になる、逆に借り入れを1回もしたことがないとスーパーホワイトになって不利になると言われており、どうするのが正解なのか分からなくなってきます。借入件数が多いと不利になるのは上記でも書いたように管理や返済の複雑化の他に総量規制の問題があるからです。

 

総量規制の対象となる消費者金融や信販会社は年収の3分の1以上の融資ができません。借入件数が増えると必然的に借入金額も増えるので、新規借入が難しくなるわけです。しかし、バンクイックは銀行であるため総量規制の対象外です。それならば、借入件数が多くても問題はないのでしょうか?

 

全く問題がないわけではありませんが、借入件数が3、4件くらいならまだ借りられる範囲です。また、全く実績がないよりは個人信用情報に傷がない、つまり返済の延滞などを起こしておらず、しっかりとした返済実績が1つでもあったほうが有利に働きます。

 

スーパーホワイトだと不利になるのは、こうした実績がないためです。もちろん誰にでも「初めて」はあるので、スーパーホワイトだからとすぐに審査に落されるようなことはありません。むしろ、借入件数が多すぎたり、問題を起こしたりしているよりは評価は高いでしょう。

 

借入金額は多くても大丈夫?

総量規制の対象にならないからといって、いくらでも借りられるわけではありません。年収の3分の1までという制限がなくなるだけで、借りられる金額はその人の年収や返済能力をしっかり調べて決定されます。

 

返済能力を超える場合は、設定金額の減額や融資そのものを断られることもあります。

 

申し込むのにベストな状態とは

申し込むのに最も適している状態は、傷のない借入履歴があり、借入件数と借入金額がない状態といえます。つまり、利用している借金を完済、解約して5年以内という状態です。

 

解約していれば抱えている借金はゼロになり、再利用することもありません。問題を起こさず完済できていれば返済能力が高いことを証明するものとなります。バンクイックとしても安心できるので、融資してもらえる可能性はかなり上がるでしょう。

Christopher